別サイト「シンキング・パドー」もどうぞ

努力する鳥をあなたは見たことがあるでしょうか

努力する鳥

かつて奈良に住んだことがあった。

移り始めてすぐに驚いたのは、わたしが小さい自分に当たり前であった風景が普通にみることができたことだった。

まさか平成の世で、あの頃の空き地や原っぱや昆虫に出会えるとは思いもしなかった。

驚きであり、うれしかった。

引越しをする前の関東ではまず出会うことがなかったからだ。

そのような親密な環境下、うぐいすの鳴き声を耳にしたのである。

ナイチンゲールのボイストレーニング

はじめて聞いたときには、やはり苦笑してしまった。

下手くそ。

ホーホケキョが全くといっていいほど成立していないのだ。

話には聞いていたが、まさかリアルで体験できるとは思ってもみなかった。

鳴き方を鶯が練習している。

かなり真剣に。

休みの日の午後に初めて耳にし、次の週にも耳にした。

練習の成果は一週間前と比較し、確実に出ている。

上手くなっているのだ。

そして、その次の週には、見事な鳴き声を披露していた。

聞き惚れるほどだ。

わたしが、出会ったのはその一羽だけだった。

が、その鶯が標準以上なのか以下なのかは、不明である。

また、誰かに習っていたわけでもないので、独力なのであろう。

それが本能というものかもしれない。

最後まで、上手く鳴くことのできないホトトギスもいるのだろうか。

なんとなく、いないような気がする。

練習、練習、また練習

われわれは、なにかができるようになるには、必ず練習を要する。

練習の時間が長くなるのかどうかは、習得すべき技術の難易度に概ね比例する。

そして、悲しいことに、いくら時間をかけても習得できない、あるいは習熟が進まないということもある。

そのようなとき、人は往々にして才能のせいにする。

わたしには才能がない。ガックリ。

そうしないと、やっていられないからだ。

鶯の教訓

うぐいすの練習は、わたしに次のような教訓をもたらした。

  • 努力は一定以上の期間継続されないと結果に結びつかないこと
  • 努力の過程で進歩が目に見えないのであれば、挫折しやすくなること
  • 努力の過程において他人が介在できる余地はほとんどないこと
  • 努力は報われること

世の中には、独力で行なうことを、否定したり、賞賛したり、様々な意見があります。

努力が報われるのは、受験の世界であり、社会に出れば報われない努力があることをイヤというほど思い知るだろうと、コンコンと説く者もいます。

確かに、その通りなのでしょう。

異論はありません。

努力の象徴としての鳥

わたしも、成仏しなかった自分の努力をたくさん見送ってきました。

けれども、長いスパンで見れば、直接的に、即時的に、努力は報われなかったかのように見えますが、実のところ、将来的に必ずその人の現在や未来を形作る肥やしになっています。

なぜなら、今の自分は過去の行動の集積に他ならないからです。

現在は、関西を遠く離れているので、優雅なあの鳴き声を聞くことはありません。

しかしながら、仕事が上手くいかないときや落ち込んだときに、ごくたまにですが、あの頃のへたくそなホーホケキョが頭の中に小さく響きます。

努力の象徴としての鳥が、わたしを慰めてくれるのです。

しっかりしろよ、オッサン、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です