いちばん読まれている記事

「Learn Better」頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

深い学びを得るには、いったい何が必要なのか?

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

(4.0)

仕事をする上で「学習の方法を学ぶ」ことが大変重要であることは異論のないところでしょう。

米国先端政策研究所のシニアフェローである著者のアーリック・ボーザー氏は、本書のテーマを次のように説明します。

私は学習のプロセスについてあらましを述べ、どうすれば最も上手に学べるかを説明したい。本書ではこれから、学習という概念をつぶさに解説し、研究からわかった普遍的な知識習得の手法を説明する。

あらためてお聞きします。

パドー
学習の方法を学ぶことはどうして重要なのでしょうか?

なぜなら、

学習の方法さえ覚えれば、ほとんど何でも学ぶことができるからです。

学習の方法を学ぶことは、専門家が言うところの「究極のサバイバルツール」、つまり、現代において最も重要な能力の一つであり、あらゆるスキルの前提となるスキルである。

こんな人にオススメ
  • 全てのビジネスパーソン
  • 全ての学生
  • 全ての教育関係者

この本は、全米トップのシンクタンクにおける私の仕事の集大成とも言える。

おすすめ

今すぐチェック

本書の構成について

本書は、全部で6章から構成されています。

  1. 価値を見いだす
  2. 目標を決める
  3. 能力を伸ばす
  4. 発展させる
  5. 関係づける
  6. 再考する

学びが深まる6つのステップとは

各章の表題がそのまま各ステップとなります。

  1. 価値を見いだす
  2. 目標を決める(設定する)
  3. 能力を伸ばす
  4. 発展させる
  5. 関係づける
  6. 再考する

すなわち、

価値を見いだす

学びたいと思わなければ学ぶことはできません。

専門知識の習得のためには、そのスキルや知識・ノウハウに価値があるとあなた自身がみなさなければ、何も始まらないのです。

目標を決める(設定する)

知識習得の初期段階においては、集中がことのほか重要です。

学ぶにあたっての目的と目標設定は不可欠となります。

能力を伸ばす

スキルを磨き、パフォーマンスを向上させることに特化した手段を講じる必要があります。避けては通れません。

発展させる

スキルと知識に肉付けをし、より意味のある形の理解を形成していきます。

関係づける

すべてがどのようにかみ合っているかが分かるフェーズとなります。

ある事実や手順がほかの事実や手順とどのような関わりがあるのかを知ることが大事なのです。

再考する

学習には間違いや過信がつきものです。

したがって、自分の知識を見直し、自分の理解を振り返り、自分の学習したことから学ぶ必要があるのでしょう。

 

学習の方法を心得れば、どんな分野でも専門知識を磨くことができる。頭を働かせ、戦略を立て、熟考し、練習して発展させ、関連づけと再考を行えば、習熟度を高めていくことができる。

学習とはなにか

学習とは
  • プロセス
  • メソッド
  • 習熟すること

であると言えます。

そのために必要なのは、

あなたに必要なのは
  • 努力
  • 集中
  • 練習

となります。

現代の世の中でめざすべきは単に頭がいいことでも、たくさんの事実情報を覚えることでもない。それだけではもう不十分なのだ。それよりも、21世紀のツールをすべて使いこなせる学習の達人をめざそう。

学習の達人を目指すためには、

  1. 価値を見いだす
  2. 目標を決める(設定する)
  3. 能力を伸ばす
  4. 発展させる
  5. 関係づける
  6. 再考する

が大事なのです。

今すぐチェック

あわせてよみたい

「超・箇条書き」10倍早く、魅力的に伝えるとっておきの技術とは 「ニュータイプの時代」新時代を生き抜く24の思考・行動様式とは?

学びに終わりはない