MENU
アーカイブ

「時給思考」毎日を無為に過ごしたくないあなたへ

2020 3/28
Contents

他人に時間を奪われる人生から脱出するためのガイド本なのです

起業コンサルタント・事業家・作家である金川顕教氏は、本書のなかで、あなたの1時間当たりの価値=時給を高めていくことで、お金と時間が自由になる生活を手に入れましょうと言います。

著者が主張する「時給思考」とは、

一言で言うと、「あなたの1時間の価値を10倍にするスキル」です。

時給思考とは、まさしく自分の時給を意識することから始まります。

あなたも、知らず知らずのうちに、長いスパンの時間感覚のなかで、自分の価値を考えてはいませんか?

ひょっとしたら、年収や月収という塊で測ってはいないでしょうか。

1時間でいくらの価値を自分は生み出すことができるのか

そのように考えるだけで、1時間あたりの価値をあげることのスタートラインに立てていることを、あなたはもっと知るべきでしょう。

自分の稼ぎ出す時給が明確になっていなければ、時給以下の「どうでもいいこと」にまで、手を出してしまいます。

危険やらなくていいことをやってしまい、やるべきことができなくなってしまいます。

このような行動は、

時給思考からもっともかけ離れた働き方であり、生き方にほかなりません。

時間が有限であるために、人生の生産性をあげる必要があなたにはあります。

タイムイズマネーなんて生温い。タイムイズライフ。時間がすべて

人生を1時間ごとで考えることができるのならば、あなたの行動に「あいまいさ」はなくなります。

自分のやるべきことと、やる必要のないものを明確に区別するのです。

こんな人にオススメ

  • ステップアップしたい方
  • 仕事の効率を上げたい方
  • 働き方を見つめなおしたい方




本書の構成について

全部で12章から構成されています。各章の最後にまとめとしてポイントが列挙されています。

  1. 時給思考がないと、一生搾取される
  2. 働けば働くほど時給は下がる
  3. 時給は10倍を目指す
  4. 時給は「仕事選び」で9割決まる
  5. 自己流は事故る
  6. 時給が高い人は作業しない
  7. 1日24時間を2400時間に増やす方法
  8. 時給を10倍に上げる「自己投資」の秘訣
  9. 時給を下げることを徹底的に排除する
  10. 時間を奪う「時間泥棒」とは距離を置く
  11. 時給が高い人の最強最速仕事術
  12. 時間を奪われない生き方<

目次をながめていただければ、分かるように、きわめてオーソドックスな主張がなされています。




あなたの時給はいくらですか?

こう問われて、あなたは即答できるでしょうか。

もしできないのであれば、

今すぐ算定してみてください。

でてきた結果に対してどのような感想を持つかはあなた次第です。

思ったより高かったと笑みがこぼれるのか。

あるいは、

こんなに低いのかと愕然とするのか。

時給という物差しを通して、あなたの働き方や人生を見つめ直すことはとても意味あることです。

時間(他人)に振り回されないために、時給思考を物差しとすることは損ではないはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる