MENU
アーカイブ

「マッキンゼーで学んだ速い仕事術」仕事時間が減る!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents

「速さ」は武器!定時退社でも結果は出せる!!

外資系コンサルティング会社出身の大嶋祥誉氏は言います。

この本では、私の経験と学びを基に、「仕事が速い人」になるためのノウハウを「仕事環境・ツール」「発想」「企画書」「会議」「プレゼン」「行動習慣」のテーマごとにご紹介します。

仕事のスキルアップは、突き詰めればスポーツのスキルアップと同じであると著者は断言します。

トレーニング次第で誰にでも成長は可能です。

効果的なトレーニングをすれば、成長のスピードは確実に速くなるはずです。

大嶋さんは、経験から「仕事の速い人」には次の3つの共通点があると指摘します。

  • すぐに動く
  • 関係者とこまめに情報共有する
  • シンプルであること
パドーのアイコン画像パドー

これらのうち、ひとつも該当しないのであれば、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか

こんな人にオススメ
  • 悩める若手社員
  • マネージャーになりたての方
  • ワンランク上の仕事をしたい方

本書の構成について

本書は全部で6章から構成されています。

  1. 仕事環境・ツール
  2. 発想
  3. 企画書
  4. 会議
  5. プレゼン
  6. 行動習慣

あえて仕事が遅くなる理由と解決策をわかりやすくするために、各項目の見出しでは「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の特徴を対照させています。

仕事が速い人の共通点とは

もう一度繰り返します。

  1. すぐに動く
  2. 関係者とこまめに情報共有する
  3. シンプルであること

すぐに動く

決して考えすぎずに、素早く仮説を立てて、とりあえず実践しましょう。

ざっくりとしたアウトプットでも構いません。

修正を繰り返しながら、ゴールに近づいていけばいいのです。

関係者とこまめに情報共有する

周囲の人から素早く的確な情報を得ましょう。

同時に周りにも与えていくのです。

たった一人で仕事を進めるよりも何倍ものスピードで仕事が進みます。

シンプルであること

使っている道具、仕事の管理の仕方、生活のスタイルに至るまでシンプルを極めるべきです。

ムダな思考や決断によって、脳の記憶容量を浪費せずに、仕事に集中できるはずです。

仕事の速い人は、未来を見据えて自己投資する

今だけを見つめて、自己資産を食いつぶすだけでは早晩、才能も経験も枯渇してしまいます。

自分をアップデートするためには、絶えざる投資が不可欠なのです。

自分自身の学びや経験に対して、積極的に投資をしていきましょう。

ジム・施術、運動によりコンディションを整え、セミナー・勉強会、読書によって知識を向上させていくのです。

圧倒的な自己投資は、必ず圧倒的なリターンをもたらします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる