いちばん読まれている記事

人事へのメールを直ぐ返すだけであなたの印象は劇的にアップする

メールの返信面倒だとついつい後回しにしていませんか?

就活にメール返信はつきものです。

やりとりする企業の数が多くなると、億劫になり、あとにしようとなりがちです。

パドー
あなたが就活で勝ち残りたいのなら、絶対にそれはやめましょう

ポイントはたったこれだけなのです

メールに関するポイントはひとつだけです。

クックレスポンス

ビジネスにおいて重要なのはスピードです。

就活も例外ではありません。

返事を直ぐに返すことは、ふたつの意味で重要なのです。

  • 読み手は、そこに熱意の表れを認めます
  • 受け手は、すばやい返事に基づき次の作業に入ることができます

読み手は、そこに熱意の表れを認めるのだ

返事が早いと、読み手は自分は優先されていると、認識します。

就活に関わる人たち、学生も採用担当も基本、多忙なはずです。

多忙な日々において、すぐに返事を返してくれるのですから、本気度や熱意が伝わらないはずがありません。

企業から学生へのクイックレスポンスも同じはずです。

パドー
印象に残らないわけがありません

受け手は、すばやい返事に基づき次の作業に入ることができるのだ

担当者は、次の作業に進むために、学生の意志を速やかに確認したいものです。

その確認を早くできればできるほど、作業着手を早めることができます。

パドー
先着順はよくあることです

例えば、あなたが人事パーソンであると想像してみてください

  • 従業員からのアンケートを集計し、まとめた後に上司に報告する必要があります。
  • 従業員からアンケートが提出されないとあなたは仕事に着手することができません。
  • あなたからの報告がなければ上司はその報告に基づき上司の上司に説明することができないのです。

ビジネスパーソンは常に、自分の後ろの人のことを考えながら仕事を進めています。

これは後工程を念頭に入れて仕事をするというビジネスの基本です。

クイックレスポンスがどれだけ大事であるかは言うまでもないでしょう。

あなたが素早くメールを返したのならば、

人事担当者は社会人になってもきちんと仕事ができるに違いないだろうと、いい印象をもってくれるものです。

クイックレスポンスを心がけよう

早く返信すればするほど、あなたの熱意や本気度が伝わります。

早く返信すればするほど、人事は業務をスムーズに遂行できるので、あなたのビジネス基礎力が評価されます。

パドー
クイックレスポンスを心がけましょう

その他、気を付けた方がいいこと

メールに関して、その他、気を付けるべきことは次の4点です。

  • 宛名は必ず記載する
  • 学校名、学部名、氏名は必ず記入する
  • 問い合わせをする場合は必ず1メール1件とする
  • 文章はできるだけ簡潔にする

 

・宛名や氏名を記載していない方がたまにおられます。

パドー
混乱の元となるので、必ず抜けのないようにしましょう

・要件を1メール1件にすることは、常識なので、必ず実行してください。

パドー
メールを読む行為は結構時間をとられるものです。必要最低限にまとめることが望ましいです。

・過度な時節の挨拶等は省略しましょう。

パドー
まったく必要ありません

おすすめ

今すぐチェック

あわせてよみたい

携帯のメールアドレス未登録就活生の残念な結果とは 採用担当者がズバリ指摘する残念な就活生の5大特徴はこれだ!

スピードは善だ!