シンキング・パドー

現役人事部長の 雑記blog

競 馬

2017有馬記念、はたして競馬の祭典に「まつり」は熱唱されるのか?

投稿日:

 

スーパーホースのラストラン⇒

いよいよ本日グランプリ有馬記念となりました。

普段馬券を買わない人もお祭りなので多数参戦。

ゆえにオッズは人気傾向に拍車が掛かります。

1レースあたりの掛け金総額はギネス記録級。

はたして北島オーナーのこぶしはこだまするのかしないのか。

馬のみぞ知る!?

 

有馬記念の特徴おさらい

ギャンブル性の高いコース設定です。

お祭り的要素が強いのでそのようなレース思想に貫かれています。

  1. コーナーを何度も回るので紛れが多い。
  2. 内枠が断然有利。
  3. 秋競馬の最後なので余力のあるなしが重要。
  4. 中山開催なのでゴール前の短い直線の急坂。
  5. 微妙な距離設定(2500m)。
  6. 三歳馬に有利な斤量設定。
  7. オッズは人気傾向に傾きがち。

予想のし甲斐がある、悩ましいレース。

さあ、2017

大本命キタサンブラックのラストランです。

1枠を引いた時点でほぼ勝ちは確定的なような。

けれども、見えない疲労度がどうにも悩ましい。

勝って大円団は多くの競馬ファンの潜在的な希望でしょう。

ゆえに日本人騎手の中には無意識のレベルで忖度が働く可能性は無きにしもあらず。

しかしながら、外国人には無関係な同調圧力。

ハンターは獲物を仕留めるのに全力を死力を尽くします。

二番人気は世代交代の筆頭、三歳馬のスワーヴリチャード。

枠順は最悪ですが、名手ミルコ・デムーロならなんとかするという願望が大量発生。

万難を排して
キタサンの屋根の武豊は本日一鞍のみ。有馬のみ騎乗。賭けているんですね。このレースに。

今年の買い目

外国人騎手のG1における大暴れぶりを見るにつけ、馬が走るというよりも、人馬一体感が以前にも増して大きくなっている。

よって、ここは素直に彼らの技量とガッツに敬意を払い、予想とします。

基本単勝勝負なのですが、本日はお祭りということで三連単で。

1着キタサンブラック

2着スワーヴリチャード(デムーロ兄)

3着は、ボウマン、ムーア、ルメール、デムーロ弟にて。

4点買い。

穴馬もしきりに皆さん予想されますが、終わってみれば人気どころの可能性大。

さてさて、金額はパドックを見て決めましょうか。

ほどほどの大人買いで。

なによりも、寒空に「まつり」が聞きたい。

そんな気分の師走。

あなたの夢、私の夢が走ります。

最後に笑うのは誰だ!

終わりでない?!
来週、新設G1やるんですね。なんだか複雑だ。これまでなら有馬で駄目なら競輪グランプリという希望が残されていましたが。これじゃあお金残んないね。

注目よく読まれている記事&広告

twitterで情報を発信中です。よろしければフォローしてくださいね。

twitterのフォローはこちらから

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事仕事就活受験活字映像音楽競馬アートファッションライフ
詳しいプロフィールへ

-競 馬

Copyright© シンキング・パドー , 2018 All Rights Reserved.