駿台文庫に一任、やっぱ頼りになる圧倒的なクオリティー

投稿日:2017-02-01 更新日:

受験の友に⇒

というわけで、お世話になった駿台文庫について。

やっぱ、役立つ、頼りになる、憎い奴。

私立文系を受験する方に。

愚息が大変お世話になったので、以下に必要最低限をご紹介です。

スポンサーリンク

システム英単語

英語は語学です。

ゆえに、言葉を知っていないと、読解もへったくれもありません。

最低、三千語。

話はそれから。

一日何個づつ覚えるとか、そういうのではなく、一日に全ページ目を通す。

覚えるなどという気持ちを捨てて、ひたすら眺めながら、ページをめくる。

それを毎日行う。

二ヶ月もたてば、自然と半分は頭に残っている。

そのように、頭に馴染んでから、集中して暗記していく。

暗記のコツは、いかに最初に馴染んでおくか。

その「土壌づくり」が肝心要です。

ビジュアル英文解釈

大ベストセラーですね。

定番中の定番。

ある意味、パート1をまず叩き込めば大丈夫。

受験英語という概念を学んでください。

あくまで、概念を学ぶのです。

これが、頭のなかに入っているのかいないのかで、全く違ってくる。

概念があってはじめて、解釈が成立する。

そのことだけを学習してください。

あとは、ひたすら文章を読むこと。

読んで読んで読みまくる。

近代文語文問題演習

文語文を出題する大学・学部は限られています。

なので、参考書や問題集も限定的です。

その意味から、数少ない問題集です。

そんなに厚くないので、時間はあまりかからないはず。

まずは、読み通すことから、はじめましょう。

余裕があれば、福沢諭吉の「学問のススメ」を読んでおけば、ほぼパーフェクト。

現代文テーマ別頻出課題文集

読むだけでいいです。

ただただ、一通り読んで下さい。

それだけで十分です。

受験現代文に慣れる、それだけでOK。

いますぐ覚える古文単語300

いますぐ覚えてください。

たかだか300語です。

英単語の十分の一。

ちょろいものです。

暗記の仕方は、英単語のときと全く同じ。

300個覚えると世界が変わります。

古文が得点源になります。

文法を覚えるより、費用対効果は高いです。

世界史総整理

これにつきます。

使い方は、使用する人のやりかたそれぞれで大丈夫です。

世界史の学習は、とにかく自分の中に幹をつくることです。

そうしないと、いつまでたっても知識は空中分解のまま。

そのままでは、得点は全く伸びてこないです。

特に「現代編」が秀逸。

ビジュアル世界史問題集

地図知識と結びつけて暗記しないと、合格点には届きません。

ここだけは、外さないでください。

軽視する人が案外多いです。

ひたすらやるだけ

英語も国語も語学であるということを決して忘れないで下さい。

ということは、言葉の知識がなによりも大事であるということです。

つまり、言葉を知っていることが非常に有利に働くということなんです。

なので、暗記が重要になります。

しかしながら、無理して覚えないでください。

基本は、流し読み。

それを毎日行う。

そうして、慣らしていく。

そこが肝心です。

それでは、一年後に向かって、まずはスタート。

明日からかな。

ぼちぼち行こうぜ。

水たまりの一滴
可能であれば、駿台の講義を受けてみてください。圧倒的なパフォーマンスばかりですよ。

スポンサーリンク

-受 験
-

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.