さて、いとも簡単なブログ

小説の魅力について

2018/11/24

小 説 活 字

ガリレオシリーズ、再始動した物理学者の何が変わったのか?

ガリレオシリーズの最新刊「沈黙のパレード」が出た・読んだ・面白かった 新刊本の帯を棒読みします。 容疑者は彼女を愛したふ ...

小 説 活 字

「ハゲタカシリーズ」息を呑むゴールデンイーグルの小説世界

鷲津政彦に憧れる中高年は少なくないはず 人気の経済小説「ハゲタカシリーズ」をお読みになったことはあるでしょうか。 わたし ...

2018/8/11

小 説 活 字

小説「孤狼の血」悪徳警官の陽の当たらない正義とは

信念を貫く男たちの生き様を描いた圧巻の警察小説は期待通りの傑作でした 2018年5月2日よりロードショーが始まっている東 ...

2018/5/20

小 説 活 字

機龍警察最新刊「狼眼殺手」寝食を忘れたいならすぐ読め

待望の最新刊、気が付けば読み終わっていた。大失態だ 月村了衛氏の新刊が出ているのであるから、のんびりしている場合ではまっ ...

2017/10/18

小 説 活 字

恩田陸「蜜蜂と遠雷」誰にも教えたくないタイトルの真の意味

夏休みの課題図書になにがなんでも選んで読んだほうがいい傑作です! 昨年末に出版された恩田陸氏の直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」 ...

2017/3/5

小 説 活 字

昭和の文学的風景(まとめ)

文学的記憶 昭和の人間なので、昭和の文学に慣れ親しんできました。 さすがに以前にご紹介した3つはリアルタイムでは読んでお ...

2017/1/18

小 説 活 字

月村了衛「機龍警察」はマジでずっちーな小説の典型です

機龍警察まだ読んでないの?? ハマって久しい。 足抜けできない。 新作はいつなんだ。 待ち遠しすぎて狂しい。 こんな方に ...

2016/12/30

小 説 活 字

坂口安吾「風と光と二十の私と」の素晴らしさ

安吾を嫌いな人はいない 坂口安吾を嫌いな人にあったことがない。 彼の魅力は一言ではいい尽くせませんが、読めば直ちに理解で ...

2016/11/18

小 説 活 字

武田泰淳の「富士」、一等の文学

一番好きな小説 これまでに読んだ小説のなかでどれが一番良かった(印象に残った)と聞かれるたびに、私は決まって武田泰淳の『 ...

2016/11/14

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.