小説の魅力について

小説について書いています。

小説は確実に人生を豊かにしてくれます。

豊かな気持ちになれる本を一冊でも多くご紹介。


小 説

村上春樹「バースデイ・ガール」彼女の願いとはなんだったのか?


小 説

ノルウェイの森。我々の生のうちに潜んでいるものの正体とはなにか


小 説

「優雅なのかどうか、わからない」ほどエレガントな小説はない


小 説

「政治的に正しい警察小説」どんでん返しが読みたい人集まれ!


小 説

ガリレオシリーズ、再始動した物理学者の何が変わったのか?


小 説

「ハゲタカシリーズ」息を呑むゴールデンイーグルの小説世界を堪能する


小 説

小説「孤狼の血」悪徳警官の陽の当たらない正義とは


小 説

村上春樹と自由意志の問題、そんなにことは単純ではない


小 説

機龍警察最新刊「狼眼殺手」寝食を忘れたいならすぐ読め


小 説

村上春樹「アフターダーク」忘れたふりをしていてもダメだ


小 説

「騎士団長殺し」時間を味方につけることに成功したのだ


小 説

恩田陸「蜜蜂と遠雷」誰にも教えたくないタイトルの真の意味


小 説

スプートニクの恋人とは一体全体だれのことを指すのか、ご存知ですか?


小 説

昭和の文学的風景(まとめ)


小 説

月村了衛「機龍警察」はマジでずっちーな小説の典型です


小 説

村上春樹の「木野」とはカラフルな神話的世界に他ならない


小 説

慰めの文学。生きられた批評としての「海辺のカフカ」


小 説

「風と光と二十の私と」美しい時間が流れる小説の醍醐味


小 説

武田泰淳の「富士」、一等の文学

Copyright© Thinking-Puddle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.